うつ病とはどんな病気かを知り早期に治療を開始することが大切

躁うつ病のサインに気づく

悩むウーマン

うつ病と間違われたり、症状が気がつきにくい病気に躁うつ病があります。躁うつ病とは、躁状態とうつ状態を繰り返す病気で、うつ病とは異なりますので、注意が必要です。症状を見極めて早めに受診しましょう。

情報を共有することも大事

看護師

はっきりとした原因もなく調子が悪い状態が続いている場合は、疑うべき病気があります。それは、うつ病です。うつ病とは、治らない病気なのではないかといったイメージを持つ人もいます。そうしたイメージを持たれるのは、昔は認知度が低かったため、誤解されてしまうことが多い病気だったことが理由にあるでしょう。しかし最近では、うつ病患者の数も多く、さまざまなメディアで病気の認知度が上がっています。うつ病とはどのような病気なのか、正しく認識して病気と向き合い治療を行えば、早期に改善されることもあります。一人で抱える必要は全くありませんし、むしろ逆効果になってしまうことがあるので、異変を察知したらすぐに専門クリニックを訪ねてみましょう。

しかし、初めて専門クリニックを受診するときは不安や緊張があるものです。どんなクリニックに行けばわからないといった人がほとんどだといえます。専門クリニックとしては、精神科や診療内科が適切な治療を受けられる場所になります。また、カウンセリングなど専門機関に相談するという方法もあります。近所にあるクリニックやカウンセラーにまずは問い合わせるということが第一歩となるはずです。患者さんの中には、最初はうつ病とは気づかない場合も普通です。また、他の病気を疑う場合や、うつ病だと認めたくない場合などもあり、診療内科や精神科ではなく、内科クリニックをたくさん回ってしまうこともあるといいます。そういったクリニックにすら行かない人も珍しくありません。誰にも相談できずに事態を悪化させてしまうケースがあるので、身近な人にSOSを出すことが重要です。家族や友人に頼ることが難しい場合もありますが、市役所など行政機関に行けば無料で相談に乗ってくれるところもあります。

インターネットサイトを活用するのも1つの手になります。うつ病とはどのような症状になるのか、詳しく解説されていますので、当てはまることがあれば、すぐにクリニックを受診するようにしましょう。また、同じような悩みを抱えた人と、インターネットを介して交流することが可能です。おすすめのクリニックや治療方法について、アドバイスを求めることもできます。また、治療を行って快方に向かった患者さんの体験談を知ることで、励ましを得ることができるはずです。

症状をチェックしよう

レディー

インターネットで公開されているうつ病の症状をチェックできるシートを活用してみましょう。うつ病とはどのような症状が出るのかを知ることもできますし、早期受診のためのよいきっかけにもなります。

検査する方法

相談

うつ病とは、早期治療が肝心な病気になるため、いつもとは違う不調が続くようであれば、すぐに専門医に診てもらうことが大切です。病院ではまずは問診などの検査が行われて、治療が始まっていきます。

こんな症状に注意が必要

ドクター

うつ病とは患者によってさまざまな症状が出ますが、不眠や、食欲不振など、やる気が出ないといった共通する症状も多くあります。薬物療法や、精神療法など、治療する方法も症状によって異なります。

クリニックを選ぶポイント

女性

うつ病とはすぐに症状が改善されるものではなく、長期的に治療が必要になることも多い病気です。そのため、クリニックを選ぶときには慎重に決めることが大切になってきます。