うつ病とはどんな病気かを知り早期に治療を開始することが大切

  1. ホーム
  2. 検査する方法

検査する方法

相談

うつ病とは誰でもかかる可能性がある病気です。そのため、毎日の生活の中で少しでも心や身体の違和感を感じたら、症状を書き出してみましょう。不眠がちになる、食欲が低下する、暗い気持ちが晴れない、といった原因不明の症状が続くようであれば、うつ病の本格的な検査をした方がよいかもしれません。
うつ病の検査は、病院で受けることができます。ただ、初めて病院に行くときは抵抗を感じることもあるでしょう。精神科や神経内科を受診したことがない人にとっては、とても緊張するはずです。しかしうつ病とは、専門機関を受診して治療するのが一般的な治療の流れになるものです。一人で受診するのが難しい場合は、家族に付き添ってもらうようにして、まずは一度早めに専門病院にかかるようにしましょう。

では、うつ病の検査ではどのようなことが行なわれるのでしょうか。まずは医師による問診がスタンダードな流れになります。患者と話をして普段の様子を聞くことから始まるのです。問診では、素直に日々の体調や感じることを医師に話すようにします。偽ったり、誇張して話すようなことがあれば、正しい診断ができません。ささいなことだと感じて話すまでもないと思われるような症状でも、できるだけ細かく伝えるようにしましょう。そうすれば、より的確な診断を受けることができ、治療の方針が定まってくるはずです。うつ病とは、適切な治療をすれば、辛い症状を抑えることができる病気です。適切な治療を行なうためには、正しい診断を受けることが必要不可欠になります。うつ病とは一口にいっても、さまざまな病気の種類があります。中でも双極性障害などは診断が難しい病気になるので、しっかりと症状を伝えて正しく診断してもらう必要があります。患者への問診だけではなく、家族にも聞き取りをしたり、さまざまな角度から診断をしていくこともあります。最近では、近赤外線を使った検査も行われています。うつ病患者は、脳の前頭葉に流れている血液の量に特徴があることがわかっているため、血液量を調べることで病気かどうかがわかるのです。