うつ病とはどんな病気かを知り早期に治療を開始することが大切

  1. ホーム
  2. 躁うつ病のサインに気づく

躁うつ病のサインに気づく

悩むウーマン

躁うつ病とはどのような症状が出るのでしょうか。うつ病と、躁うつ病とはどう違うのでしょうか。うつ病に対する理解は広まっていますが、詳しい知識を持っている人は一般的にはまだまだ少ないかもしれません。家族や知り合いに躁うつ病患者がいたり、医療業界に従事している人でなければ、躁うつ病の病気の特徴や治療方法はなかなか知り得ないといえるでしょう。

躁うつ病とは、最近では双極性障害という名前を使用されることが多くなっている病気です。この病気は、テンションが高い躁状態と、暗く落ち込むうつ状態が交互に繰り返される症状になります。しかも躁うつ病とは、人によっては症状の度合いも変わってくるので、病気に気づきにくいという特徴もあります。躁状態は明るく活発なので、本人も周囲の人も、病気という意識が低いので、わかりにくいのです。明らかに異常なハイテンションであれば周囲も気がつきやすいですが、本人の性格がもともと明るいタイプであれば、余計に病気の発覚が遅れてしまうのです。反対に、うつ状態であれば、周囲も本人も気がつきやすいので、治療を始めやすいといえます。しかしここで注意したいのが、躁状態に気づかないので、たんなるうつ病だとい思い込んでしまうことです。医師でも診断を見誤ることがあるといいますので、気をつけるべきポイントです。うつ病かなと思ったら、躁うつ病である可能性も視野にいれて専門クリニックを受診しましょう。

この躁うつ病とは、どのような具体的な症状があるのかを知っておくことも大切になります。まず、躁状態の特徴として、睡眠時間が少なくなっても元気に過ごせることが挙げられます。眠らなくても調子がよい状態が続くときには、注意が必要です。また、さまざまなアイデアが浮かんできて、人に対して一方的に話を続けるということもあります。しかし、浮かんだアイデアを実行することもなく、また人の話は聞かない傾向があります。このような状態が続くようであれば、躁状態を疑い、治療を始めていくようにしましょう。